Point 1 伊豆利島産の国産椿油を使用

日本で椿の代表といえば、「ヤブツバキ」。冬から早春にかけて花を咲かせます。
この椿油は江戸時代から受け継がれ、時間をかけて丁寧に搾油されます。
私たちは、国産ヤブツバキの種子から採れる希少な油である【ツバキ種子油】をブレンドしております。

伊豆利島

東京から南へはるか140km。伊豆利島は、人口約300人・面積4.12㎢(東京ディズニーリゾートの約2倍)の小さな離島です。高速ジェット船なら竹芝桟橋から2時間半、飛行機とヘリコプターなら調布飛行場から45分で行ける“秘境”です。

島の形はほぼ「山」で、全体が20万本ものヤブツバキに包まれています。

冬のシーズンは、いたるところで咲き誇る椿の花々を楽しめ、2月下旬~3月にかけては、「椿の絨毯」と称される幻想的な光景がひろがります。

トレサビリティ

(生産段階~最終消費段階/廃棄段階まで、物品の流通経路の追跡が可能な状態や追跡可能性のこと)

伊豆利島の椿油は、種子の収穫から搾油・精製など、すべての工程を島内で行っています。

①下草刈り

ヤブツバキの種子は、土色でとても小さいため、真夏も下草を刈り、熊手でかいては野焼きをして、実拾いのための地面整備を進めます。これが利島語で「キッパライ」「シタッパライ」と呼ばれる作業。農薬を使わず椿を育てる利島では、秋からの収穫に向け、農家総出で行う地道な作業です。体力と根気がいりますが、たくさんの実を拾うためがんばります。

②実拾い

9月から2月にかけて行われるのは「トリッピロイ」。

初夏から秋にかけ熟したヤブツバキの実は8月下旬に入るとはじけ、熟した種子を地面に落とします。これをひとつひとつ拾い上げ、かごに入れていきます。大きな種をみつけると、ちょっと嬉しい。急こう配が多く生活自体が登山な利島では、拾った実や機材・人などを載せて運ぶモノラック(トロッコ)が大活躍します。

収穫が完了すると、次のシーズンに向け、枯葉や枯れ枝を燃やして土壌のメンテナンスをしていきます。島のあちこちからたちのぼる煙を海から眺めるのも、また趣があります。

③天日干し

集めたヤブツバキの種子は、農家の庭先など、風通しの良い場所で1週間から1ヶ月ほど天日干します。

昔から、「しっかり乾かせば乾かすほど、良い油が搾れる」といわれているそう。利島では、種子の重さでは

なく搾油量での買い取りになるので、農家にとってはこの搾油率も気になるところです。

④製油センター搬入

種子は農家ごとにまとめ、専用の袋に入れて島の製油センターへ搬入。同じ苗字が多いため、出自を管理する「屋号」があります。利島の椿油のこだわりは、このトレサビリティ(追跡可能性)。生産者ごとの栽培区域を把握するための地図も活用し、農家ごとの収穫量や作業実績、天候状況による生産高の推移などを記録しています。

こののち、選別された良質な種子だけがさまざまな工程を経て、純度100%の一番搾り椿油となります。 自然と向き合いながら惜しみなく手をかけ、伝統の手法と品質にこだわってしあげた伊豆利島椿油。この椿油を配合した製品が、「本島椿純椿油シリーズ」です。

国産椿油のイメージは?

皆様からたくさんのご意見をいただきました!

  • 国産なので安心。信頼できる。
  • 昔から使われている正統派オイルのイメージです。
  • 日本で伝統的なものを大切にしているイメージ。
  • テレビで椿油を使った天ぷらを見て、体内に入れても大丈夫なら髪にもすごく良さそうと思った。
  • 高級感もあり日本人にあうイメージ。
  • 昔から綺麗な女性の髪に欠かせないイメージがあります。
  • 品質が良くて髪につやとまとまりを与えてくれそう。

Point 2 無添加マルチオイル

髪はもちろん、体だけでなく、顔にも使える肌に優しい無添加(※)のマルチオイルです。

※シリコン、合成着色料、鉱物油、パラベン、動物性原料、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤等を使用していません。

Point 3 歴史が深い本島椿ブランド

本島椿ブランドは、1910年(明治43年)につくられて以来今まで、100年以上に渡って「椿油」を製造する老舗ブランドです。椿油とは、平安時代から日本で使われてきた植物性オイルで、髪や肌に使える美容アイテムです。

創業者は、伊豆諸島のひとつ「利島(としま)」の出身。利島はツバキが名産で、江戸時代より椿油をはじめとしたツバキ産業が盛んに行われてきました。そんな利島の名産品を日本中の人々にも使って欲しいという思いから、本島椿がはじまりました。

Point 4 「プッシュタイプ」で面倒くささを解決!

キャップをあけて、逆さにして出す。なんでもない“ひと手間”なんですが、無性にわずらわしく感じることありませんか。そんなストレスをゼロにしてくれるアイテムが『プッシュタイプ』です。

使ってわかるうれしい特長

1.片手で操作できる!

キャップをまわして開ける手間もなく、逆さにしたボトルからオイルが余分にこぼれる心配もありません。

2.決まった量が出てくる!

ワンプッシュで吸い上げる量は約0.2mLと決まっていて、好みの回数さえ覚えておけばいつでも同じ量でケアすることができます。セミロングの方のオイルスタイリングには、1回のプッシュで「ちょうどいい」かもしれません。